【高知】スノーピーク住箱【JYUBAKO】に宿泊!おすすめポイント3選

高知

お子様連れのキャンプデビューやカップルのデート、女子旅にもおすすめ!スノーピークキャンプフィールドにあるモバイルハウス【住箱】に宿泊!キャンプ初心者の方も、手軽にお楽しみいただけます。皆さんも高知県越知町で絶景キャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか?

スノーピーク キャンプフィールドとは?

スノーピークのキャンプフィールドとは?テントサイトに泊まるもよし。コテージ感覚の【住箱】に泊まるもよし。2つの楽しみ方ができるスノーピークのアウトドア施設です。キャンプで使用する道具は全てレンタル可能で、キャンプ初心者の方でも安心して宿泊できます。

また、snow peak(スノーピーク)のストアも併設されているので、スノーピークの商品を購入することも可能です。夏の暑さや冬の寒さが苦手な方や、虫が苦手な方、キャンプ初心者のため室内で宿泊したいという方は、まず【住箱】から始めてみてはいかがでしょうか?

スノーピークおち仁淀川キャンプフィールド

四国内で住箱に泊まることができる施設は3つ!全て高知県内です。今回は、その中でも最も絶景を感じられる、おち仁淀川キャンプフィールドをご紹介します。

まず、スノーピークおち仁淀川の魅力は、なんと言っても、この景色!どの住箱からも、この絶景を味わうことができます。住箱内のベッドには大きな窓がついているので、目覚めた瞬間この絶景を感じることができるのは、アウトドアならではの魅力ですね!

住箱内に潜入!

ドアを開けると、おしゃれな秘密基地のような空間が広がり、大人も子どももテンションが上がります。また、住箱内には、簡単な水道がついているので、手を洗ったり歯磨きをする程度なら十分です。また、チェア・ガスバーナー・ケトル・LED照明に至るまで、数々のスノーピーク商品がお試しできるのも魅力的です。

スノーピーク施設のおすすめポイント3選!

このスノーピークの施設には、キャンプ初心者にもおすすめのポイントがたくさんあります。また、キャンプ初心者のご家族やお友だちと一緒に行けば、キャンプが好きになってくれるかも?その魅力を3つまとめてご紹介します。

ポイント①冷暖房・エアコン完備


私は、夏(7月)と冬(2月)に2回宿泊したのですが、冷暖房完備のため、住箱内は快適!どちらの季節も住箱内は適温でした。また、ウッドデッキでBBQなどを楽しみながら、暑くなったり寒くなったりすれば住箱内で休憩する!というような使い方もできるので、小さなお子様がいらっしゃるファミリーも安心です。

ポイント②トイレ・シャワーなど水回りが清潔


2018年4月にオープンした施設ということもあり、水回りも非常に清潔!女性や家族連れのキャンパーにもおすすめです。シャワーもまるでホテルのように、スタイリッシュ。また、更衣室には洗濯機や棚が完備されています。

ポイント③温水完備の炊事場


キャンプで大変なことランキング、上位にランキングするであろう洗い物!特に、油を使う料理が多いキャンプは、食器がベタベタになってしまいます。しかし、この炊事場は温水が出る!油汚れが落ちやすいのはもちろん、冬場の洗い物も安心です♩

また、焚火台が洗えるような広めのスペースもあり、温水完備で快適です。


また、夜には住箱が放つ光が幻想的で、おしゃれグランピング施設のような佇まいに変身!周囲には街灯が少ないので、お天気が良ければ満点の星空を観ることができますよ♩

※2021年11月現在、住箱は黒くイメージチェンジしています!

お出かけ情報・まとめ

*スノーピークおち仁淀川キャンプフィールド
………………………
住所:高知県高岡郡越知町鎌井田4番地
TEL:0889‐27‐2622
営業時間:9:00〜18:00(snow peakストア)
定休日:水曜日

【料金】
1棟(2名様まで)17,600円
※小学生以下のお客様に限り、2名まで追加可能(追加料金:1名3,300円)
チェックイン ▷14:00~18:00
チェックアウト▷10:00


住箱の宿泊体験をご紹介しました。キャンプ初心者はもちろん、キャンプ上級者だけどテント泊デートはハードルが高い…。という方にもおすすめの施設です。また、1つの住箱に大人2名と子ども2名まで宿泊可能ということで、家族連れにもぴったり!

仁淀ブルーが美しすぎる!滝・渓谷おすすめ3選 スノーピーク【 住箱ーJYUBAKOー】とは?
高知
新着情報はSNSにて随時更新!
四国お出かけスポット

コメント